暑い日が続いていますが、皆様お元気にお過ごしですか?
さて、今日は介護にお困りの方がいらっしゃればと思い、基本的な情報提供をしたいと思います。

介護というと…
・家族だけで介護して疲れきってしまう
・相談できる相手がいない
・家庭の事だから仕方がない
と思い、辛い毎日をお過ごしの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「介護保険」という制度(または他に活用できる制度)があっても、実際はどのように利用したらよいのか、どこに相談したらよいのか、一歩目の踏み出しに迷ってしまうということもあるのかなと思っています。

もし、お悩みの事があれば、こんな場所にご相談してみてください。

1、私たちのような介護事業所
介護保険の内容に関する事でしたら、担当のケアマネージャーにご相談ください。もし、介護保険をご利用されていない場合には、ご相談内容にあったご提案や行政の窓口をご案内する事も可能です。
私たちの事業所であれば、介護全般のご相談はもちろん、介護保険の申請代行、看護や医療に関するご相談も事前にお電話いただければ対応いたします。

2、行政窓口や地域包括支援センター
介護保険の窓口として「地域包括支援センター」という所があります。ここはご高齢の方の総合的な相談の拠点です。お住まいの地域ごとに地域包括支援センターが設置されています。
また、行政でも「介護保険課」や「地域福祉課」、「高齢福祉課」などなど名称は異なりますが、介護の相談や担当の地域包括支援センターのご案内を行う担当部署があります。

「相談するのには勇気がいるので、まずは自分で調べたい。」という場合には、市役所や区役所に行ってみましょう。担当部署の周辺に介護保険の情報が載っているパンフレットなどが置いてあります。

その中でも、私個人的にお勧めしたいのが「ハートページ」です。民間の会社で作成していて全国にあるわけではないのですが、地域の介護事業者の情報や、地域包括支援センターの連絡先などがまとまっている冊子です。
大田区版は毎年夏ごろに区役所の棚に置かれていますので、もし興味のある方はお手に取ってみてください。(冊子は無料です。比較的早く配布終了してしまいます。)

ハートページについて(別サイトに移動します)