この度の西日本豪雨災害により被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。


こんにちは。
東京は猛暑猛暑の7月でした。皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか?
まだこれから8月という事実にげんなりしております。

夏と言えば、日焼けの気になる季節。
「紫外線」が日焼けの原因と知っているけれど、紫外線にも種類があるってご存知でしょうか?

太陽の光のうち、目に見えるのが可視光線、目に見えないものの中に赤外線、紫外線があります。
紫外線は波長によってUV-A、UV-B、UV-Cにわかれますが、実際に地表に届くのは、
そのうちUV-AとUV-Bです。

UV-Aは、肌への急なダメージは少ないのですが、徐々にダメージが。
肌のしわやたるみの原因になってしまいます。(光老化)

UV-Bは、太陽から届く紫外線の約1割だそうで量は多くありません。
でも急な刺激が強い!
1、紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け」(紅斑)=「サンバーン」
2、赤い日焼けの数日後に肌が「黒くなる日焼け」=「サンタン」
両方ともUV-Bのしわざだそう。
炎症やシミの原因以外にも、肌表面の細胞やDNAが傷ついてしまう怖いやつです。

日焼け止めに書かれているSPF値は主にUV-B、PAはUV-Aに対する効果を表しています。

また、一日の中で、紫外線が強いのは午前10時から午後2時頃ですので、
この時間帯は肌を紫外線から守るようにしましょう。
(ただし、UV-Aの量は朝夕、曇りでもあまり変わらないみたいです…。どんな時も
ケアを怠ってはいけないってことですね。チャンチャン)

夏はこれから。夏バテに気をつけて過ごしましょう。