新型コロナ禍における年末年始

こんにちは。月1回のこのブログ、2020年最後となりました。
「2020年はオリンピック!東京は様々な国の観光客で大騒ぎ。私たち都内の介護サービス事業者も交通状況に注意して訪問しなければ…」なんて思っていたものが、世界中で未知の感染症が蔓延し、逆に人々の移動の少ない1年となりました。

現在も感染が拡大していて、まだまだ寒い冬を注意して乗り切っていかなければならない状況が続いています。

例年であれば、クリスマスやお正月に向けて買い物や旅行、初詣の計画など立てる時期でしょうか。
そんな中、いくつかお知らせしたいニュースがありましたのでご案内します。

1、分散参拝

新年の初詣。例年とても混雑しますよね。いわゆる「密」の状態を防ぐため、各地の寺社で分散参拝が呼びかけられています。
参拝の日をずらす以外にも、お守りやお札の郵送対応やネット参拝などで対応するところもあるようですので、上手に活用できると良いですね。
我が家はいつも正月7日頃までには神社に参拝に行くのですが、今回のお正月はお札やお守りの郵送を検討して、落ち着いた頃に参拝しようと思います。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/71815

https://www.walkerplus.com/article/1010991/

2、買い出し

旅行などの移動は(GoToはあるものの)控える方が多い中、家にいたとしても、食材の買い出しはどうしても必要になってしまいます。
かつては1月1日から開いているスーパーなどもありましたが、数年前から働き方改革などの影響でお休みを取るお店も増えてきました。
そして、2021年のお正月。そうした流れプラス新型コロナの影響もあり、お休みするお店が多くなるようです。
「近所のスーパーはいつも空いているから、お正月でも買い物できる」と思っていると三が日お休み!と言う事になるかもしれません。お店のホームページなどを確認して、早めに買い物の計画を立てておきましょう。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/sakusakukeizai/articles/20201202.html

なかなか晴れやかな気持ちで過ごせない毎日ですが、年末年始は上手に計画立てて過ごせたら良いですね。
まだ12月7日で早いのですが…このブログをご覧いただいている皆様にとって来年こそは良い年になりますようお祈り申し上げます。