「新型コロナウイルス感染症」相談・受診の目安

こんにちは。
東京都は緊急事態宣言中でもなかなか感染者が減らないどころか増え続け、入院もすぐにはできず、ご自宅でご不安な状態の方もいらっしゃると思います。
あまり検索にかかることもない(閲覧される方が少ない…(汗))大田区の小さなステーションのブログではありますが、ご覧になった方が少しでも適切な情報を得られるように発信していきたいと考えています。

本日は、

  • どんな状態なら相談などをしたほうが良いのか?
  • 相談はどこにしたら良いのか?

という点に絞ってお伝えしたいと思います。

なお、厚労省や東京都、大田区のサイトからの引用・抜粋となりますので、
改めて確認したい方はリンクより確認をお願いします。

相談・受診の目安

○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

(妊婦の方)
  妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。

(お子様)
  小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。

※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

相談する場所

東京都以外の方

以下のリンク(首相官邸HP)より確認をしてください。
https://www.kantei.go.jp/jp/pages/corona_news.html

東京都の方

① かかりつけ医がいらっしゃる場合にはそちらへお電話を。

② かかりつけ医がいない場合には…
東京都発熱相談センター
24時間(土日祝日含む)相談OK
【電話番号】03-5320-4592

または(大田区民であれば)大田区相談センター
平日(9:00~17:00)
【電話番号】03-5744-1360

へ、ご連絡ください。

その後、検査のための受診の案内などを受けることになります。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/soudan/coronasodan.html
https://www.city.ota.tokyo.jp/cyuumokujoho/infection/ncov2019/hatunetujinonagare3.html

普段、体調が悪いというだけでもつらいですが、それが新型コロナウイルス感染となれば、周囲への感染リスクや出勤・通学停止、急な状態悪化といった面でのつらさも加わってきます。
だからこそ、元気なうちに感染したかもしれないといった場合の対応について調べておくのも良いのではないでしょうか。